血糖値.com

△ トップページへ戻る

血糖値に関する情報をご紹介 糖尿病

■ 妊婦糖尿病

妊娠すると、胎盤で血糖値を上げやすいホルモンなどが産出されます。妊娠中期以後に、インスリンが効きにくい状態になる事が多く、血糖値が上昇してしまいます。妊娠糖尿病の治療法は、食事療法が基本ですが、血糖値がかなり高い状態ではインスリン療法が必要となります。

正常な妊婦では、インスリン抵抗性になる時期に、膵臓からインスリンを多く分泌し、血糖値の上昇を抑えます。しかし、必要なインスリンを分泌する事が出来ない体質の妊婦は、血糖値が上昇してしまいます。このように妊娠中に血糖値が高くなる、血糖値が高い状態が初めて発覚した場合を“妊娠糖尿病”と言います。

妊娠糖尿病になりやすい妊婦とは、体重が重たい、両親や兄弟姉妹に糖尿患者がいる、尿糖陽性、先天異常児や巨大児の出産歴がある、流産や早産歴がある、35歳以上、などの場合です。また、妊娠中の検査で初めて血糖値が高い事が分かる事もあります。妊娠初期にはインスリン抵抗性はありません。従って、妊娠初期に血糖値が高くなっている場合は、妊娠前から血糖値が高かった可能性が高いと考えられます。

妊娠糖尿病は、母体にも胎児にも様々は影響が出てきます。母体では、早産・妊娠中毒症・羊水過多症・尿路感染症が考えられます。胎児においては、巨大児・新生児の低血糖が起こりやすくなる・子宮内で胎児が死亡してしまう、といった事が考えられます。妊娠前から血糖値が高かった可能性がある場合は、流産しやすい、また産まれてきた子供が先天異常を合併している事があります。

妊娠糖尿病の検査は、妊娠初期から開始します。食前・食後を問わず測定した随時血糖値が、100mg/dl以上、または妊娠中に血糖値が上昇しやすい妊婦では、75gブドウ糖負荷試験を行います。妊娠初期に異常が見付からない場合でも、妊娠中期、そして妊娠後期にも検査を行います。

妊娠糖尿病は、75gブドウ糖負荷試験の結果、負荷前で100mg/dl以上、負荷後1時間で180mg/dl以上、負荷後2時間で150mg/dl以上のうち、いずれか2点を満たした時に妊娠糖尿病と診断します。妊娠糖尿病になった場合は、将来糖尿病にかかりやすいので、出産後も、血糖値の測定をする事が大切になります。




▲ このページの上部へ