血糖値.com

△ トップページへ戻る

血糖値に関する情報をご紹介 血糖値のコントロール

■ 血糖値を下げる

血糖値を下げるのには、食事療法と運動療法が柱になります。

食事はきちんと3食、栄養とカロリーに気をつけて摂る事が求められます。血糖値を下げる食事と言うと、糖尿病食が代表です。しかし糖尿病食はきちんとしたカロリー計算や使う食品、調味料の管理が大変です。しかし、やはり血糖値を下げる必要がある場合は、きちんとした食事の管理が必要になってきます。家族の協力も必要になってくるでしょう。好きな物を好きな時に食べられないのは辛い事です。しかし、糖尿病は、一度なったら一生付き合わなくてはいけない病気です。自分の為だけでなく、家族の為にも、きちんとした食事を心掛けましょう。

運動療法では、有酸素運動が効果的です。血糖値は食後1時間から1時間半でピークになります。その為、この時間帯に有酸素運動を行うと良いでしょう。運動は、筋肉を使います。筋肉のエネルギーは、ブドウ糖です。運動によって、筋肉を使う事で、吸収されずに血液中に漂っているブドウ糖が、筋肉の細胞内にとりこまれ、その結果、血糖値が下がります。人によって、運動量の目安は異なりますが、1日あたり150キロカロリーの運動量が必要と言われています。

そして、この血糖に対する運動効果は、約48時間持続すると言われています。有酸素運動の代表的な物は、水泳・ウォーキング・ジョギングなどです。日常生活の工夫によって、有酸素運動を取り入れる事も出来ます。買い物へ行く、駅まで行く、と言う時に自転車などを使わず、歩いて行く。このような小さな一歩から始める事が、大切になります。

食事療法や運動療法を行う時は、医師の話をよく聞き、無理のない所から始める事が大切です。血糖値を下げたい為に無理な食事制限や激しい運動しても、続きにくいですし、かえって身体に良くありません。




▲ このページの上部へ