血糖値.com

△ トップページへ戻る

血糖値に関する情報をご紹介 血糖値と食事

■ 血糖値と甘い食べ物

甘い食べ物は、血糖値を急速に上げてしまいます。したがって、血糖値を下げたい人にはお勧めできず、逆に血糖値を上げたい人はお勧めできる食べ物です。

“甘い”と言うと、砂糖が一番身近にある食品になると思います。しかし、砂糖は甘くて高カロリーと言うだけで、他の栄養素は含まれていません。血糖値をコントロールするには、摂取カロリーも大切になってきます。砂糖は高カロリーな為、決まった摂取カロリーがある人にとっては、簡単に摂取カロリーの上限に届いてしまいます。しかし、栄養はないので、砂糖の摂取は栄養バランスを崩してしまいます。砂糖を使用したお菓子などを食べる時は、ポリフェノールの入った飲み物と一緒に食べ、血糖値が少しでも上昇するのを抑えるなどの工夫をしましょう。

甘い食べ物は、砂糖を使った食品以外にもあります。穀物や芋類、野菜にも糖分は含まれています。しかし、これらは糖分の他にも、人にとって重要な栄養素や食物繊維が含まれています。調理法を工夫してみるのも良いですが、芋類などは、煮物にしがちになってしまいます。煮物にすると、塩分も多くなります。甘い食べ物が食べたいと思った時は、芋類を蒸かして食べてみると良いでしょう。

フルーツは身体に良いとされていますが、糖分がたくさん含まれている物が多いです。しかし、砂糖と違い、食物繊維やビタミンなどの栄養素が含まれています。フルーツを食べる時は、そのフルーツにどのくらいの糖分が含まれているのかを、きちんと把握しながら摂取する事が大切になります。

朝にコーヒーを飲む人は多いと思います。コーヒーや紅茶に、砂糖やグラニュー糖を入れる人もまた多くいるでしょう。この砂糖やグラニュー糖を、オリゴ糖に変えてみるのも良い方法です。オリゴ糖は、人体にはほとんど吸収されません。したがって、甘く感じても血糖値の上昇は避ける事ができます。また、蜂蜜や黒砂糖にはミネラルなどが含まれています。砂糖が欲しくなった時の代用品として、お勧めできます。




▲ このページの上部へ