血糖値.com

△ トップページへ戻る

血糖値に関する情報をご紹介 血糖値とは

■ 血糖値が高い

血糖値が高い、と言うと最初に思い浮かぶのは、糖尿病と言う人も多いでしょう。糖尿病は高血糖の代表的な疾患です。しかし、血糖値が高くなる疾患は糖尿病だけではありません。クッシング症候群・膵炎・肝炎・肝硬変・末端肥大症などの疑いもあります。血糖値が高い場合は、他の検査も必要になる事があります。ブドウ糖負荷試験・血中インスリン活性検査の他、グリコヘモグロビン・グリコアルブミン・1.5AGなどの血液検査が必要な場合もあります。

血糖値は、インスリンによりコントロールされています。インスリンの働きが悪いと、血糖値は下がらなくなります。そして、ブドウ糖がエネルギーとして活用されないと言う状態になります。このような状態が続くと、血管が痛んでしまいます。血管が痛むと、動脈硬化になる危険性も出てきます。他にも、高血圧などの症状があらわれる事もあります。血糖値が高い状態が続くと、様々な合併症を引き起こしてしまいます。

また、血糖値は、空腹の状態も左右させます。血糖値が低いと、人は空腹を感じます。食事を摂る事で、血糖値が上がり、正常の値になります。しかし、血糖値が高い状態が続くと、空腹、満腹の感覚がうまく働きません。食事を摂っても、空腹に感じる、エネルギー不足を感じるなどの症状が出てきます。その為、炭水化物を過剰に摂取してしまう事もあり、食べ過ぎになってしまいます。その結果、体重増加にも繋がります。

血糖値が高め、と言われた場合に生活スタイルや食生活の見直しをしなくてはいけません。糖尿病は、一度かかったら治らない病気です。血糖値が高めと判断されたら、病気になるのを防ぐチャンスをもらえたと考えなくてはいけません。そのまま放置してしまうと病気になり、一生苦しむ結果になる危険性があります。


[必見]コールセンターに就職しよう!



▲ このページの上部へ